正しいヘアケア『シャンプーの方法』について

正しくシャンプーする女性

当サイト管理人の私が実践しているシャンプー方法をお伝えしたいと思います。
宜しければ少しでも参考にして頂ければ幸いです。

髪と頭皮をいたわるシャンプーの仕方

1.まずは、軽くブラッシングしてホコリをとります。
(ブラッシングで髪に付着したホコリなどの汚れはほとんど落ちます。
また、ある程度汚れを落とすことでシャンプーの泡立ちも良くなります。)


2.髪と頭皮を十分に濡らします。
(このときの適温は38〜40℃くらいとされています。
髪だけでなく頭皮まで満遍なく十分に濡らすのがポイントです。


3.シャンプーを手に取って泡立ててから髪に付けます。
(泡は髪と髪の摩擦を軽減する役割を果たすので大切です。
洗顔と同じで泡で洗うという意識が大切。十分に泡立てるために泡立てネットを使うのもおすすめです。)


4.爪は立てずに指の腹でマッサージするように優しく洗います。
(ゴシゴシすると皮脂を取り過ぎて乾燥の原因に!フケや痒みが悪化する恐れがあります
ゴシゴシせずマッサージするように洗いましょう。)


5.お湯でしっかりとシャンプーが残らないように洗い流します。
(合成シャンプーは特に残りやすいのでしっかり洗いましょう。背中に残るとニキビの原因になる恐れもあります。 「もう十分すすいだかな」と言うところから更に1分くらいすすぎましょう。)


6.洗髪後、すぐにドライヤーで乾かします。
(自然乾燥は菌が繁殖するので良くないといわれています。
洗髪後、入浴後は速やかにドライヤーで乾かし、8〜9割がた乾いたところから冷風を当てキューティクルを閉めて上げましょう。)

洗髪の際、シャンプー前のブラッシングで髪に付いたほこりなどの汚れの大半が落とせるそうです。

あと、私はお風呂に入ったとき髪は最後に洗います。

湯船に浸かった後や身体を洗った後の方が、温まって毛穴が開き 汚れが落ちやすくなると聞いたので、シャンプーはいつも最後にしています。

シャンプーを最後にすると、髪を洗った後の背中に残ったシャンプーで、背中が荒れたり吹き出物ができたりする方がいますが、それは、シャンプーに含まれる石油系界面活性剤などの添加物の洗い残りが背中に付着したことで肌の弱い方はトラブルが起こるというのが一つの原因として考えられます。

薄毛や抜け毛の予防や対策のみならず、ヘアケアを考えたときに無添加でアミノ酸系洗浄成分を配合した頭皮にやさしい育毛シャンプーがお勧めです。


フケやかゆみ予防も薄毛対策に繋がります!

実際に購入したシャンプーの一覧画像

フケやかゆみ、炎症などのトラブルを抱えたデリケートな頭皮は、もしかすると薄毛予備軍かもしれません。

うるおった健康的な頭皮を保つことは、発毛環境を健やかに育むことにも繋がります。

抜けにくい頭皮を育むヘアケアシャンプーはこちら

育毛剤と相性の良いシャンプーを探している方へ、薄毛・抜け毛に悩む女性の為のヘアケアブランド 抜け毛と白髪も気になる方に今最も選ばれてるシャンプー!髪と頭皮が若返る100%天然由来 地肌を柔らかくして抜けにくい頭皮を育む!馬セラミドが角質層まで浸透する馬油シャンプー
マイナチュレシャンプー
スカルプ・プロ
ウーマシャンプー

目的別育毛シャンプー・ヘアケアランキング

男女共用育毛シャンプーランキング
育毛剤とセットの育毛シャンプーランキング
フケ・かゆみ、乾燥が気になる方へ
薬用育毛シャンプーランキング
トリートメント・リンス不要!1本で髪・頭皮ケアできる育毛シャンプー特集
髪と頭皮の優しさで選ぶ、育毛シャンプー無添加ランキング

 

育毛シャンプー特集

特集!

 

育毛シャンプーリスト

薄毛・抜け毛予防